投稿

身体に優しい食材・工夫していること

イメージ
 こんにちは。 サポートハウスとびらの「えい」です。 今日は、身体に優しい食材や工夫していることについて書きたいと思います。 サポートハウスとびらは、精神保健福祉サービスの利用者を中心に、人も作物も薬だけに頼らない活動をしています。処方薬を減断薬中の方からは、農薬や化学肥料・除草剤を使って作られた野菜や添加物・化学調味料等の摂取による心身の不調に関する声がたくさん届いており、身体に優しい食べ物を作る活動をしています。 私自身も、働きながら減薬をしていて、農薬や化学肥料・除草剤を使って作られた野菜や添加物・化学調味料等を摂取すると体がひどく痛むことがあります。目の不調に悩まされることも多々出てきています。できるだけ身体に優しいものを摂るように心がけているものの、自分の力だけでは限界もあり、なかなか思うようにできていないところもあるのですが、私が工夫していることを少し紹介します。 ・水道水ではなく天然水をとること ・白いお砂糖をやめて、きび砂糖や素精糖を使うこと ・食塩をやめて、岩塩を使うこと ・グルテンフリー、アルミフリーの調味料等を使うこと ・体を温めると言われている食材を多くとること(カボチャ、さつまいも、にんじん、玉ねぎ、発酵食品、ナッツ類など) ・小麦粉の代わりに米粉を使うこと …などなど。 身体に優しい調味料等は、お値段もそれなりにするものも多いので、まずは出来る範囲でできるだけ身体に優しいものを取り入れるように心がけることが大事と考えています。 全部身体に優しいものを摂れるようにできたらよいのですが、美味しいものは身体に悪いものも多く、なかなか現実はそううまくいかないものです。意識していることが一番かな…と思っています。 そんな活動をしていたところ、先日、NPO法人ゲートウェイみらいの方から、鹿児島の黒酢に、農薬や化学肥料・除草剤を使わずに作ったらっきょうを漬けたということで、らっきょうをいただきました。 早速いただいたところ…酢の深い味が口いっぱいに広がって、シャキシャキとした食感もあって、とても美味しかったです。 もうすぐ稲刈りと大豆の収穫の時期になります。 収穫できた大豆で味噌を作って、その味噌で作ったお味噌汁と収穫したお米と…と夢が広がり、身体に優しく美味しい食事が想像できてしまいます。 これからも、人も作物も薬だけに頼らない活動を進めていき、一人

農業日和~Part147~

イメージ
 朝晩とだいぶ涼しくなってきました。 徐々に秋めいてきて、日中も暑さは感じますが、動いても体はかなり楽に感じられるようになってきました。そんな天候の今日は、午前中に農作業をしてきました。 まずは、先週畝をきってマルチを張ったところに種をまく作業からです。 先週のニンジンに続いて今日はカブの種をまきました。 3~4粒ずつ、種をまいて、上にうっすらと土をかぶせる方法をとりました。この方法は、今年ニンジンを作ったときに発芽率に着目してやってみてよかった方法なのです。 さらに今日は、バターナッツカボチャのところの草を取りきれていなかったところがあったので、皆で草取りもしました。 草をとっていると、もうすでに茎が枯れていてちょうど食べごろなのではないかと思われるバターナッツカボチャをいくつか見つけたので、茎が枯れているものだけ収穫することにしました。 収穫後は、大きさ別に大・中・小に分けてカゴに入れていく作業をしました。 この上の写真は「大」のカゴの写真です。かなり大きいものが収穫できました。 そして、下の写真は「中」と「小」の写真です。 そのほか、サツマイモの試し掘りもしてみました。 お隣の畑と比べると私たちの畑のサツマイモはかなり葉が茂っているので、枝豆のときのように葉に栄養がいってしまって芋が大きくなっていないのではないかとドキドキしながら掘り進めてみましたが… 良い色・良い形のサツマイモができていることがわかりました! ただ、収穫まであと1カ月~1カ月半くらいおいたほうが、もう少しお芋が成長するかもしれないと判断し、今日は試し掘りのみということにしました。 焼き芋にしたら美味しそう…と皆さんとお話をして、収穫できる日がとても楽しみになりました。 もっと大きくな~ぁれっ! 最近は、時間的にも余裕があるので、急がず慌てずゆっくり畑の作業をすることができています。ときにはコロナの話をしたり、人生を語ったり、芸術や人間の五感の話をしたりと、皆さん畑での作業を楽しんでくださっている様子です。 サポートハウスとびらでは、これからも毎週火曜日と木曜日に中道の畑で農作業をしていく予定です。今週木曜日は祝日のためお休みですが、来週は、大根の種まきとししとう・バターナッツカボチャの収穫を予定しています。

農業日和~Part146~

イメージ
 晴天となった今日は、サポートハウスとびらは中道の畑で農作業をしてきました。 畑では、朝日を浴びた野菜たちが迎えてくれました。 今日は、前回トラクターをかけていただいた場所に畝を作る作業が主な作業となりました。 鍬を使って、畝を切っていきます。 そして、昨年から、マルチを張るときに使う「マルチパートナ―α」が道具の仲間入りをしましたので、だいぶ楽にマルチ張りができるようになりました。 今日は全部で5本畝を作ろうということで、暑さにもめげずにひたすら作業をすること3時間…。途中経過を写真でご覧ください。 「マルチ張りも慣れたもんだね!」と言われ、なんだかうれしくなってしまい、作業にも気合が入ります。 そして、10時30分を過ぎる頃には、きれいに5本、マルチを張ることができました! さらに、週末の雨予報に期待して、今日マルチを張った5本のうち3本にニンジンの種をまく作業をしました。 この作業が意外と足腰に負荷がかかるので、一気に疲れを感じました。でも、この種から発芽して深い味のにんじんになるんだよなぁ…と思うと、最後まで種まきをする力が不思議と出てきました。 その他、畑ではピーマンやししとう、唐辛子、ミニトマト、サツマイモ、バターナッツカボチャが元気に育ってくれています。 サポートハウスとびらでは、来週も火曜日に中道の畑で農作業をする予定です。 日に日に秋らしくなり、風が心地よく感じられる季節になりました。ぜひ一度、サポートハウスとびらの畑に足を運んでいただき、畑や作業の様子を見ていただけたらうれしいです。 サポートハウスとびらは今後も引き続き、身体に優しい野菜の栽培を続けていきます。

田んぼ&大豆畑の草取り@長坂

イメージ
 天気予報通り良いお天気となった今日は、午後から長坂の畑に行って、田んぼと大豆畑で草取りをしてきました。 私たちが植えた稲もこの写真のように成長してくれ、穂を垂れて少し黄金色に近づいてきている姿をみて、なんだかとてもほっこりしてうれしくなりました。 でも、草との闘いは続いており、今日はアメリカセンダングサという草を抜く作業をしました。 続いて、大豆畑に移動し、こちらではヒエとアメリカセンダングサ、ハキダメギクという草を抜く作業をして、NPOの方が田んぼからとった草を持ってきてくださったので、その草を根元に敷き詰めていきました。 2時間弱の作業でしたが、昨日も農作業をしていることもあって、意外と疲労感が残りました。 実は、中道の畑では今年枝豆がなかなかうまく育たなかったのですが、長坂ではしっかり身の詰まった良い豆ができてきています。 気候に合った種類かどうかということも影響しているとあとで聞き、なるほど、と思いました。甲府と長坂では気候が全く違います。今日も、長坂では涼しく心地よい風が吹いていました。 サポートハウスとびらでは、引き続き長坂と中道の畑で農作業をしていく予定です。 中道の畑も自然を感じられてよいですし、長坂もまた中道と違った風を感じられるので、ぜひ一度農作業の様子を見に訪ねてきていただけたらうれしいです。

農業日和~Part145~

イメージ
 先週木曜日は雨天のため農作業ができなかったので、1週間ぶりに今日は農作業をしてきました。 畑では、ミニトマトやピーマン、ししとう、バターナッツカボチャ、長ネギ、さつまいもが元気に成長中です。 一時は元気がなくてみんなで心配していたピーマンですが、先週に引き続き今日も収穫することができました。 枝がしなって折れてしまっているところもあるほど、たくさんの実をつけてくれています。 このピーマンが、えぐみがなく、お子さんも食べやすいとご好評いただいているピーマンです。 ぜひ多くの方にお召し上がりいただけたらうれしいと思っています。 また、今日は刈払い機で草刈り、ピーマンのパッキング、枝豆の撤収作業などをしました。 いつも色々とサポートして下さっている方が奥のほうの畑にちょうどトラクターをかけてくださって、次回以降冬に向けて畝づくりなどが進められそうです。 ミニトマトは、一時期よりは収穫量が減りましたが、良い色のミニトマトを収穫することができました。 自然の中で体を動かし、汗をかき、仲間と対話する時間を過ごすことは、本当に心地よく感じられます。 土や草に触れ、季節の移り変わりを肌で感じることもでき、人間がもっている五感を直に感じられるので、感覚が研ぎ澄まされていくと同時に、癒されていくことを感じます。 サポートハウスとびらは、人も作物も薬だけに頼らない活動を進めています。 減断薬中の方からは、とびらの農作業に参加して体力がついた、減断薬中に自然に触れることや身体を動かすことの大切さがわかった、などの声が届いています。また、農薬や化学肥料・除草剤を使わずに育てた野菜は、とても美味しく、食べやすいとご好評をいただいています。 現在、新型コロナウイルス感染症の流行により、サポートハウスとびらの活動にも強い制限がかかり、なかなか予定していた活動が進められていません。そこで、身体に優しい野菜栽培活動へのご支援のお願いもブログに掲載しておりますので、ご一読いただけましたら幸いです。 サポートハウスとびらは、明日午後は長坂で、明後日木曜日午前中は中道で農作業をする予定です。

身体に優しい野菜栽培活動へのご支援のお願い

イメージ
 私たちサポートハウスとびらは、精神保健サービスの利用者を中心に、人も作物も薬だけに頼らない活動をしています。処方薬を減断薬中の方からは、農薬を使った野菜や添加物・化学調味料等の摂取による身体の痛みや不調の声が多く、身体に優しい食べ物を作る活動をはじめています。しかし、新型コロナウイルス感染症の流行により、私たちの活動にも強い制限がかけられ、計画していた身体に優しいお弁当の製造販売が中止となり、お弁当用の野菜(農薬不使用・化学肥料不使用・除草剤不使用のバターナッツカボチャ・ピーマン)の在庫がたくさんあります。 そこで、今回は、1口1,000円でバターナッツカボチャ3個、ピーマン1袋(200g)をお分けしたいと考えました。(バターナッツカボチャは追熟させるため、9月21日以降にお召し上がりいただけます。) ぜひ一度、身体に優しい野菜を食べてみてください。お近くの方にもお勧めいただけるとうれしいです。 バターナッツカボチャのレシピも差し上げています。 お問い合わせは、公益財団法人住吉偕成会サポートハウスとびら(電話:055-235-1521(代)、メール:tobira●sumiyoshi-kaisei.jp ※●の部分を@に替えて送信してください)までお願いいたします。

農業日和~Part144~

イメージ
 先週木曜日は雨天のため農作業活動が中止となったので、今日は1週間ぶりに農作業をしてきました。 早朝畑に向かうと、朝日を浴びて朝露で濡れた野菜たちがきらきらしていました。 今日は、ミニトマトの収穫作業から始めました。今回はあまり収穫できず、2袋分くらいの収穫量となりました。 でも、その隣では、一時期元気がなかったピーマンがたくさんの実をつけてくれていて、自然の力の偉大さを改めて感じました。 バターナッツカボチャは、先月の長雨の影響もあって水分量が多くなったためか、割れてしまっているものも多くあり、ちょうど収穫できる状態にもなっていたので、今日たくさん収穫しました。車に積みきれなくなりそうなほどたくさん収穫できましたが、まだまだ畑には成長中のバターナッツカボチャがたくさんあります。 突然変異したのか、丸いカボチャもできていて、びっくり。 もちろん食べると美味しいのですが、とてもきれいな色をしているので、飾っておくのもよさそうです。 今日収穫したバターナッツカボチャは、明日市場に出荷し、明後日の競りにかけてもらう予定です。 その他、今日は以前に草刈りをしたところの草を集める作業をしました。 ピーマンやミニトマトはパッキングも行いました。 畑では、長ネギがぐんと成長しはじめていました。 これから冬にかけてさらに育ってくれると思うので、これからがますます楽しみです。 サポートハウスとびらでは、引き続き感染症対策をとりながら、農作業をしていく予定です。 明後日は雨予報なので、お天気と相談して作業できるかどうか判断したいと思います。