投稿

ご家族のつどいを開催しました

イメージ
11月9日、土曜日にご家族のつどいを開催しました。
10月はイベント出店予定と重なり、さらに台風の影響により、ご家族のつどいはお休みをさせていただきましたので、久しぶりの開催です。
今回も、LEAPアプローチについて12名の参加者の皆さんと一緒に学びました。
日頃、誰にでもあるコミュニケーションの機会。
私は、つい、LEAPを忘れてしまうと、いつもの自分の「癖」が出やすくなります。
「癖」が出てしまうと、「あ、やってしまった!」と思うのですが、時すでに遅し…ということがよくあります。
頭ではわかっていても、実際にLEAPを意識したコミュニケーションはなかなか思うようにいかず、毎月のつどいの場があることで、再認識して「よし、またやってみよう」という気持ちになれるのです。
今回は、遠く県外からもお越しいただき、初めましての方も、久しぶりの方も、常連の方も、一緒に学ぶ時間を過ごすことができました。

当日アンケートをとり、ブログへの掲載を了承いただきましたので、抜粋して掲載します。

・今日も参考になりました。
・相手の言葉が病気のせいだと決めつけてあきれてしまうことが多く、返事に困ることが多かったのですが、会に出席すると考えが変わりやさしく返事を返すことができます。
・日々のLEAPで思い起こすのに疲れました。皆さま同じ悩みを持っているんだと感じました。病状が落ち着いているとつい安心して強く接してしまいます。そんな時私の顔色をうかがっている娘がいます。
次回ご家族のつどいは、令和元年12月14日(土)13時から、住吉病院ケアセンターをお借りして開催する予定です。
また次回も皆さまのご参加をお待ちしております。

農業日和~Part23~

イメージ
今月から、農作業の時間を9時から15時までと冬時間に変更しました。今日は、変更後初回の農作業をしてきました。お天気も良く、作業するにもとてもよい気候の中、今日はさつまいも掘り、玉ねぎの植え付け、畝づくり、エンドウ豆の植え付け、水やりなど、作業もたくさんありました。
こんなにたくさんのさつまいもが収穫できています。加工することも検討しています。
さらに、玉ねぎの植え付けも。今回は2種類の玉ねぎを育てることにしました。
元気のよい苗を買ってきたので、今後に期待、です。
そして、小松菜がこんなに成長!驚くほど柔らかくて美味しい小松菜になりました。ビタミンたっぷり、です。

また、今日はほのぼのすることがいくつかあったので、ご紹介します。
まずは、先週マルチを張ったところに、鳥が来たようで、きれいな足跡をお土産に残していってくれました。
足跡をたどってみると、迷ったのか、考えながら歩いたのか、まっすぐではなく寄り道をしながら歩いていた様子がうかがえて、思わずほっこりしました。
そして、一緒に農作業をする仲間の頭に赤とんぼがとまっていて、これがなんと、ブローチみたい…。
写真を撮ろうと近づいても逃げることなく、人間の事情がわかってくれているかのような赤とんぼでした。

サポートハウスとびらでは、来週も木曜日に農作業をする予定です。
自然を感じながら一緒に作業してみませんか?関心のある方は、サポートハウスとびらまでお問い合わせください。お待ちしております。

稲刈りをしてきました!

イメージ
11月4日(月・祝)に、今年も有機無農薬でお米を作っておられる方にお誘いいただいて、北杜市内で稲刈りをしてきました。
今年は高校生や親子連れの皆さんと一緒に稲刈りをすることができました。
当日は、お天気に恵まれて、朝は少し肌寒く感じましたが、いざ稲刈りを始めてみると、少し汗ばむほどの気候になりました。
説明を聞いてから、いざ、作業開始です。
今年で3年目ということで、なんと3年連続の参加者が2名。さすがに機械の扱いが上手なので、最初は機械操作をお任せし、初めて参加される方々にも教えてくださっていました。
慣れるまではなかなか難しく、つい、刈り残してしまうので、皆さん苦戦しながら機械を操っていました。
機械で刈った稲をせっせと運び…ひたすら運び…脱穀機にかけます。高校生とお子さんたちとの会話を聞いて、ほのぼのする場面もありました。
足元はぬかるんでいるところもあり、足をとられながら、手に持っている稲の重さを感じつつ、汗を流しました。
そして、お昼ご飯には、カレーと豚汁をごちそうしていただきました。労働のあとのご飯は格別です。

青空の下で自然に囲まれて稲刈りをすること、そして、囲いのない場所で幅広い年代の方とふれあうこと、一緒に汗を流し一緒に同じご飯を食べること…とても貴重な時間を過ごすことができました。一緒に作業をすると、同じ目的をもった仲間になれることを再度実感し、広々とした自然の中では周りに建物も囲いもなく、人をなにかの物差しに当てはめて評価し判断し測るものもなく、いろんな物差しを使わなくていられると思いました。
そして今、とびらが何をするべきか、改めて考えさせられました。

食事の支度をしてくださった皆さま、稲刈りにお誘いくださった皆さま、一緒に稲刈りに参加してくださった皆さま、多くの方のご協力のもと、貴重な経験をすることができました。ありがとうございました。

第2回オープンミーティングを開催しました

イメージ
11月2日(土)、第2回オープンミーティングを開催しました。

オープンミーティングは、当日集まった方が話したいことを自由に話せる場として開催し、今回で2回目となります。
今回も、6名でいろいろなことを語り合いました。
次回は、12月7日(土)10時から開催する予定です。
次回も多くの方のご参加をお待ちしております。

ご家族のつどい開催のご案内

毎月第2土曜日午後に開催しておりますご家族のつどいですが、先月はイベント参加予定となっており、開催できませんでした。今月は下記の通り開催いたします。
ご家族のつどいでは、対応についてのLEAPアプローチを用いた学び合いの場としてお集まりいただくご家族の皆さんと一緒に学ぶ機会をもっております。
LEAPとは、Listen(傾聴)、Emphathize(共感)、Agree(同意)、Partner(パートナー)という、統合失調症の方のご家族でもあるアメリカの心理学者の先生によるご家族の視点を取り入れた実践的な方法のことです。

日時:令和元年11月9日(土)13時から15時
   12時30分から受付を開始します。
   15時以降は、ご家族の立場の皆さん同士が語り合うフリートークの時間を設けております。
場所:住吉病院ケアセンター
内容:LEAPアプロ―チ
   Drによるわかりやすい解説と実践的な体験の時間を予定しています。
お申し込み:サポートハウスとびら
     電話 055-235-1521(代)
     メール tobira@sumiyoshi-kaisei.jp

当日のご参加も歓迎しています。
最近、インターネット情報や口コミなどでこの会をお知りになり、当院ご利用者様以外のご家族のお立場の方もいらっしゃるようになりました。もちろんご参加はOKです。当院ご利用者様以外のご家族の方は、事前にご一報いただけますと幸いです。

ご家族のつどい開催にあたり、ボランティアをしていただけるご家族の方も募集しております。どうぞよろしくお願いいたします。

今月も一緒に学べることを楽しみにしております。
当日は、お気をつけてお越しください。お待ちしております。


農業日和~Part22~

イメージ
今日はとても良いお天気になりました。
木曜日なので、恒例の農作業をしてきました。日差しが強く、作業をすると少し汗ばんで暑さを感じる陽気でした。こんな日の作業のあとは、麦茶がとても美味しく感じられます。
今日は、草引き、オクラの収穫、畝づくりとマルチ敷き、サツマイモのツルを切る作業、とった草の天地返し…等々をしてきました。蚊の大群に襲われつつ、毛虫やゲジゲジを気にしつつの作業でした。アロマの虫よけが意外にもよく効いて助かりました。



久しぶりの畝づくりは、思っていたよりもきれいにできました。
また、小松菜が順調にすくすくと育ったので、味見するために少し収穫。
来週は、最後の写真のマルチの下に埋まっているサツマイモを掘る予定です。
2週間ほどおくと、美味しく食べることができるようになります。
今日は初めて参加してくださった方もいて、話をしながらゆったりと作業をしてきました。まだ参加したことのない方も、この機会に、ぜひ一緒に農作業をしてみませんか?関心をお持ちの方は、サポートハウスとびらまでお問い合わせください。お待ちしております。

第2回処方薬ミーティング開催のお知らせ

イメージ
処方薬に関するいろいろな想いが多くの方から寄せられるようになり、サポートハウスとびらでは、10月に処方薬ミーティングを開催しました。
そして、集まった方で相談した結果、「次回も開催しよう」ということになりましたので、11月の開催予定をご案内します。



日時:令和元年11月20日(水)
   18時から19時(会場には17時45分以降に入ることができます)
場所:住吉病院ケアセンター2階

事前申し込みは不要です。どなたでもご参加いただけます。
なお、開催のお知らせはこちらからダウンロードしていただけます。→開催のお知らせ

当日は、気をつけてお越しください。
お待ちしております。